2010年12月29日

シソの栄養価

シソは、和食を引き立てる香味野菜としてマッサージ 福岡市中央区などでも数多くの料理に広く使用されています。
シソ特有の香りの元は、ペリルアルデヒドという成分になります。
ペリルアルデヒドは、臭覚神経を刺激して胃液の分泌を促し、食欲を増進させるほか、健胃作用もあるといわれてます。
更にペリルアルデヒドは、強い防腐作用で食中毒の予防にも役立ちます。

シソの栄養成分では、体内でビタミンAに変わるβ−カロチンの含有量が多く、野菜の中でもトップクラスになります。
β−カロチンには、活性酸素の生成を防ぐ抗酸化作用があるので、がん予防などに効果的です。
また、シソには、骨や歯を丈夫にするカルシウム、貧血を防ぐ鉄、ナトリウム(塩分)を排出し高血圧やむくみを予防するカリウム、便通を促す食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなども多く含まれています。

更に、シソ科植物の種子から抽出したシソ油が注目されています。
シソ油に豊富に含まれる不飽和脂肪酸α(アルファ)−リノレン酸は、人体内でEPA(エイコサペンタエン酸)に変化し、血栓を防ぎ、血液の流れをサラサラにする働きがあります。
そのことから脳卒中、心臓病などの成人病を効果的に予防してくれます。
また、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の症状を軽減するマッサージ 広島市中区効果もあると言われています。
タグ:野菜 シソ
posted by aromanalife at 15:18| 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

カツオの栄養価

カツオには、初夏の初がつおと、秋の戻りカツオの二度、旬があります。
カツオのたんぱく質は100g中25.8gとかなり多くて、逆に脂質が少ないです。
そのため、低カロリーで健康的な食材であると言えます。

また、カツオは、血液をサラサラにしてくれるEPA(エイコサペンタエン 酸)や、脳の働きを活性化するDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含んでいることでも知られています。
カツオには、コレステロールを減らし、肝機能を高めてくれるタウリンも豊富に含まれています。

さらにカツオは、ビタミンB群やビタミンDも豊富です。
とくに血合い肉に含まれるビタミンB12は魚肉の中ではトップクラスの含有量があります。
ミネラル成分もカルシウム、カリウム、亜鉛などがバランスよく含まれている。

これらの含有栄養素によりカツオは高血圧、動脈硬化、肝臓疾患などの生活習慣病、悪性貧血や子どもの発育不全、女性の不妊症、ボケなどの症状を予防する食材として活躍が見込まれています。

カツオ100g当りの栄養素
・DHA 310mg
・EPA 78mg
・ビタミンB12 8.6mg
・ビタミンD 400IU
・カリウム 380mg
タグ: カツオ
posted by aromanalife at 18:39| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

栗の栄養価

栗は甘栗として食べられるのがポピュラーですね。
健康によいことで知られており、その効果について中国では大昔から重要視されてきた食材です。

栗の主成分はでんぷん質となります。
しかしそれ以外にも、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウム、鉄分などビタミンやミネラルをバランスよく含んでいます。
これらの栄養素によって色々な効果が期待できます。

腎臓虚弱の改善、腰膝を丈夫にする、むくみを取る、胃虚弱による慢性の下痢を改善、筋肉や骨の痛みをとる、身体を温める、血液の循環をよくする、止血作用、肌の調子を整える、などの効果が期待できます。

また栗には食物繊維も豊富に含まれているので、便秘を改善する作用や、血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する効果もあります。
栗の渋皮に含まれるタンニンは、抗がん物質として注目されています。

栗100g当たりの栄養素
・食物繊維 30mg
・カルシウム 30mg
・鉄 0.8mg
・ビタミンC 33mg
タグ:果物
posted by aromanalife at 16:52| 果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

小松菜の栄養価

小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜です。
カルシウム、ビタミンA、鉄、カリウム、食物繊維などを多く含んでいます。
小松菜は、ほうれん草と栄養価が似ていますが、比較すると鉄分はやや少ないものの、カルシウムは5倍含まれており、野菜の中ではもちろんトップクラスになります。

カルシウムは、骨や歯を丈夫にしてくれたり、骨粗鬆症を予防する上で欠かせない栄養素です。
ですので、小松菜はカルシウムが不足しがちな年配の方や妊婦、成長期の子供に適した野菜と言えます。

また小松菜は、貧血の予防効果がある鉄、動脈硬化やがんなどを予防するといわれるβ−カロチン(ビタミンA)、風邪を予防したり、美容に効果的な働きをするビタミンCを豊富に含んでいます。

さらに小松菜には食物繊維も多く含まれていますので、便秘を改善、血糖値の上昇を抑え、大腸がんや糖尿病の予防に効果的です。

また、小松菜は、アクが少ないので、茹でずに使えることも忘れてはいけませんね。

小松菜100g当たりの栄養素
・カルシウム 290mg
・カリウム 420mg
・カロチン 3,300μg
・ビタミンC 75mg
・食物繊維 2.5g
・鉄 3.0mg
タグ:野菜 小松菜
posted by aromanalife at 19:52| 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

サケの栄養価

サケ科の魚は、分類上でサケ目に属し、9属70種の品種があると言われています。
天然サケでは含まれる脂肪量は4%から20%と幅があり、魚種や漁獲時期、場所によって異なってきます。
サケは、全体的にたんぱく質が豊富です。
特にたんぱく質の消化吸収が、他の多くの魚より優れています。
よろしければマッサージ 新宿もお願いいたします。

またサケには、DHA(ドコサへキサエン酸)とEPA(エイコサぺンタエン酸)が多く含まれています。
これらの脂肪酸は学習・記憶能力の向上に加えて、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などといった生活習慣病(成人病)の予防効果があると言われています。
加えてサケには、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリンも豊富です。

これら以外にもサケに含まれる栄養素は、骨粗鬆症や骨軟化症の予防効果のあるカルシウム、精巣に多く含まれ核酸の代謝を促進するアルギニン、皮膚の免疫向上に役立つビタミンA、ビタミンB群や、ビタミンD、ビタミンEなども多く含まれます。
これらの栄養素によりサケは、血行促進、炎症を鎮め、アレルギー肌や乾燥肌を保護、肌の栄養補給や美肌づくりに効果的に働く食品だと言えます。
東京 マッサージにあわせて摂取してください。

鮭100g当りの栄養素
・DHA(ドコサへキサエン酸) 820mg
・EPA(エイコサぺンタエン酸) 490mg
・カルシウム 14mg
・ビタミンD 1300IU
タグ: サケ
posted by aromanalife at 13:31| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。