2011年10月24日

上品な下の話

下の方の話をするのが得意な友人がいます。

ただ、下品なだけでなく、何となく上品なのです。

喋り方というか、言葉のチョイス、話の間。

まるで、全てが落語を聞いている様な気持ちにさせてくれるのです。

下の話をする際に、本当に面白い人と言うのは、
上品に、聞かせる下の話ができる人なのだと思います。

ただ、下品に、が成り立てるだけでは、
面白い以前に、聞くに堪えない、
まるで、うちの隣でマンションを立てようとしている様に、
うるさいだけなのだと思います。
posted by aromanalife at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。