2011年05月17日

焼酎の栄養

焼酎は、ビールと比較して、
プリン体が少なかったり、
お腹にふくれにくいという特徴があります。

したがって、血液をサラサラにして
脳梗塞を防止してくれたりもします。

赤ワインのポリフェノールが
血栓の発生を防止する働きがあるとよく、
言いますが、焼酎は一度できてしまった
血栓すらをも溶かす効果が強いす。

しかしながら、これはどんな焼酎
でもいいわけではないです。

本格焼酎の泡盛か乙類か特にいいのです。
乙類とは、要するに、今流行りの「麦焼酎」
とか「いも焼酎」とか「そば焼酎」の事で、
ラベルに「本格焼酎」とあれば問題無しです。

ただ、飲み過ぎないように。
posted by aromanalife at 18:52| アルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。